電話番号048-951-1736

〒340-0052 埼玉県草加市金明町801-1

コロナ感染対策について
MENU

診療案内|おおはし歯科クリニック|草加市金明町にある歯科医院

診療案内

Medical

Medical

診療案内

一般歯科

お口の中にはキレイに歯を磨いても1,000億個以上の細菌が存在するといわれています。その中の主なむし歯菌はミュータンス菌と呼ばれ、これらのむし歯菌は食物を栄養として生きています。むし歯とは、食事をした時に残った糖分を元にむし歯菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かすことで穴が開いた状態のことです。人の唾液には、酸性に傾いたお口の中を中性に戻したり、溶かされた歯を修復したりする働き(再石灰化)がありますが、それ以上に酸が作り出されると、修復が間に合わず、むし歯が進行してしまいます。

歯周病治療

歯周病とは歯周ポケット内のプラーク(歯垢)が原因で歯の周囲の組織(歯肉、歯槽骨、歯根膜、歯のセメント質)に感染が起き、炎症を起こす疾患です。
日本では30歳以上の約8割の人が歯周病、あるいはその初期症状にかかっていると言われています。歯周病の怖いところは、単に歯茎が腫れるだけでなく、中の歯を支えている顎の骨を溶かすことです。骨が溶けてくると、次第に歯を支えられなくなり、抜歯になることも少なくありません。

予防歯科

予防歯科とは、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアの両方が大切です。また、定期的にお口の中をチェックすることで、むし歯や歯周病があれば早めに発見でき、治療することができます。

小児歯科

小児歯科とは、成長発育期にあたる子供のむし歯の予防や、治療を行う診療科です。
単にむし歯の治療を行うだけでなく、歯みがきの指導や定期検診、フッ素塗布などを継続的に行い、お子様のお口の健康をケアし、健全な永久歯への生え変わりをサポートします。

入れ歯

入れ歯とは、むし歯や歯周病、あるいは破折や外傷など様々な理由で歯がなくなってしまった部分を補う義歯です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。

口腔外科

お口の中やあご、お口の周辺の病気を外科的な方法で治療するのが、口腔外科です。口腔外科では、外傷や腫瘍、顎関節症など、幅広い病気の治療を行うことができますが、一般的には親知らずの抜歯を行うことが多いです。

インプラント

インプラント治療とは、むし歯や歯周病、外傷、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯がないところのあごの骨の中に人工の根っこを埋め込み土台として、その上から被せ物を装着することで歯の欠損を補う治療法です。顎の骨の中に直接結合しているため、天然の歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しむことができ、見た目にも綺麗です。
また、入れ歯やブリッジなどの治療法と違い、残っている歯に余計な負担がかからないため、残りの歯を長くもたせることが出来ます。

審美歯科

審美歯科とは、歯や口元の美しさに重点を置いた総合的な歯科治療のことです。歯科治療には「むし歯や歯周病を治す」「よく噛めるようにする」といった機能的な面と、「白く形のいい歯にする」「歯並びを整える」といった美観の面があります。この両方を満たし、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科です。ホワイトニングとは、加齢や遺伝により黄色くなっている歯を削らずに専用の薬剤を使って白くする、歯にやさしい審美治療です。

噛み合わせ

噛み合わせとは上下の歯の接触状態をいいます。正常な噛み合わせとは、ただ歯が綺麗に並んでいるだけではなく、奥歯で噛んだときに上下左右の奥歯がしっかりと噛み合っており、下の歯を前後左右に動かしたときにバランスよく接触し、顎関節、歯肉、歯、骨にダメージが及びにくい状態です。